ロープアクセスなら足場仮設とは違うご要望に対応可能

ロープアクセス工法

 出来るだけ予算を抑えたい 

漏水の補修・点検を格安で施工可能で足場が掛けれない密な現場または緊急処置が必要な現場に向いてます

確実な施工

 雨漏り等のスポット工事に 

長期に渡る大規模なマンションリニューアルなどには従来の足場仮設による修繕工事をご提案することも可能

ロープアクセス工法

 一面だけを補修したい 

漏水の補修・点検を格安で施工可能で足場が掛けれない密な現場または緊急処置が必要な現場に向いてます

確実な施工

 狭小地で足場が掛けれない 

長期に渡る大規模なマンションリニューアルなどには従来の足場仮設による修繕工事をご提案することも可能

無足場ロープアクセス工法のメリットとは

無足場ロープアクセス工法のメリットとは

ロープアクセス工法

 低予算での施工が可能! 

足場を仮設する場合には高く仮設するに従い、単価が高くなりますが、ロープアクセス技術を使えば容易に高層部での作業が可能になり、コストダウンになります。

確実な施工

 迅速な対応が可能! 

吊元を確保できれば、すぐに下りれることができる為、急な対応が必要な場合の外壁の調査や漏水工事に最適です。

ロープアクセス工法

 正確な点検調査報告! 

施工箇所をロープアクセスにて事前に調査をすることで、足場仮設後の調査よりも正確に劣化箇所が判明することで、融資後のトラブルや追加工事代金発生の防止に繋がります。

確実な施工

 防犯対策にもなる! 

ベランダ面に足場があると防犯上、不安に思われる方の悩みを解消できます。また足場仮設時の防犯センサー取り付け費用などが不要になります。

安全と品質は大丈夫なの?

世界50カ国に約7万人の技術者が存在する世界最大のロープアクセス資格認定団体IRATA発行の高所作業の技術と安全を証明された資格で従来のブランコ型のロープよりも安全で高度な作業が可能です。安全作業を行うため、資格の取得や人財育成に努め、特にレスキューのトレーニングは定期的に行い、一人ひとりの技術を向上させ安心・安全な工事を行えるようにしています。

駆動に関しては上下はもちろんのこと、横移動もできるので作業性がUPしゴンドラ作業と比べても経済的です。 安全面につきましてもロープが何らかの原因で切れてしまっても、ロープアクセスは2本のライフラインを使用しますので、万が一の場合にも安全性を担保されており、従来のブランコを呼ばれるタイプと違い、全身ハーネスですので万が一の場合も体に対する負荷が少なく済みます。
安全と品質は大丈夫なの?

お問い合わせ

お問い合わせの前に

ロープアクセス工法.comのホームページに訪問頂きありがとうございます。 マンション・アパートやオフィスビルの大規模修繕工事や雨漏り防水工事をご検討されているお客様向けに安全面や品質を確保した上で出来るだけ費用を安く抑えられるロープアクセス工法を紹介してまいりました。
しかし足場仮設工法と無足場(ロープアクセス)工法を比較した場合、どちらか一方の優劣をつけることは出来ません。
建物の状況によってどちらかの工法を決めることが最も良い選択となります。
より詳細をお知りになりたいお客様は当サイト運営元の>>ホームページを見て頂くか下記よりお気軽にご相談下さい。

お問い合わせ電話番号

TEL:042-455-5955

お問い合わせフォーム

    必須 お名前
    必須 メールアドレス
     ご住所
     お電話番号
     お問い合わせ種別
     建物の種類
    必須メッセージ本文

    施工事例

    並べ替え
    無足場工法 ロープアクセス漏水点検
    本日は横浜市上大岡にて、ロープアクセスによる漏水点検を行いました。 吊り元をセッティングして降りていきます。 結果、外壁に目立った箇所はなく、散水の結果、庇の防水部分から漏水していた事が判明しました。 足場がなくてもロー...